ニュース

月別アーカイブ: 2013年 8月

OneHope代表のロブ・ホスキンズが書いた”Hope Delivered” の紹介

OneHope代表のロブ・ホスキンズは昨年、『Hope Delivered』という本を出版しました。ここでホスキンズ氏は今までOneHopeを通して世界各国の子供と青年に主の御言葉を提供してきた中での証を綴っています。私自身、読み始めてばっかりですが、神様が若い命に触れ、人生を変えられる証をいくつも読みとても心動かされています。私自身が本を読み進める中で、皆さんに随時分かち合えていければと思います。

Image

ちなみに、ネット上で検索いただければ、オンラインでお買い上げいただくことも可能です(本は英語です)。この本の売上はすべて、OneHopeの働きに献金され、世界の子供と青年に御言葉を届けるために用いられます。

作品紹介:ジャンクションフィルムシリーズ PV完成!

junction_logo_green_katakana

OneHopeの最新作品の「ジャンクションフィルムシリーズ」、みなさんはもうご覧になりましか? このシリーズは6本の短編映画で構成された革新的な青年伝道ツールです。 現代の青年を取り巻く問題を取り上げ、これらについて問題提起する映像です。 ちなみにその6つ問題は親子関係、恋愛関係、人の恐れ、インターネット依存、自殺、倫理と選択です。

OneHopeとして期待しているのは、あらゆる教会や青年伝道団体がこれらの映像を集会などで使い、 その後その映像のテーマを切り口にディスカッションを持っていただくことです。 普段から「深い」トピックや、心に近い問題について話し慣れていない人にとっては、 映画など客観的なものについて話すという切り口が有効です。 これを通して、伝道集会などに参加している青年がクリスチャンのグループの中で 真剣に話し合い、心を打ち明け、また救いの必要性を確信出来ればと願っています。

先日、ジャンクションのプロモーションビデオが完成しました! どうぞご覧になってください:

ここでも観れます:junction PV

Have you heard of OneHope’s latest product “junction film series”? It is an innovated youth ministry tool that is composed of six short films. These are thought provoking films on social issues that are most common and crucial among youth in Japan. The issues that are addressed are family relationships, guy/girl relationships, fear of man, Internet addiction, Suicide and moral decisions.

Our desire is that churches and youth ministries in Japan would use these films as discussion starters in their gatherings. Since youth are not used to talking about “deep” subjects or sharing things that are close to their heart, we believe movies are an objective entry point for encouraging youth to open their hearts. We are hoping that youth who participate in this program will discuss intently, share their hearts, grow closer with the Christians in the group and through learning more about God, that they may be saved!

The promotional video for the junction film series has just been released! Check it out:

You can also view it here:junction PV